金融円滑化に向けた基本方針

宮崎銀行は「地域との共存共栄」という経営理念の下、地域密着型金融を継続的に取り組み、円滑な資金の供給や、お客さまの業績拡大、事業の再生に係る支援等を積極的に推進してまいりました。

平成21年12月に施行された「中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律」(以下、中小企業等金融円滑化法という)の趣旨を踏まえ、本部内に審査担当取締役を委員長とする、横断的な組織である「金融円滑化委員会」、審査部に金融円滑化に関する事項を統括する「金融円滑化管理室」を設置し、各営業店等に「営業店金融円滑化責任者」を配置するなど体制を強化いたしました。また、お客さまからのご相談などに適切に対応するため、基本方針を定め、地域における金融の円滑化への取り組みをさらに強化してまいりました。

平成25年3月をもって中小企業等金融円滑化法は期限を迎えたことから平成30年4月に「金融円滑化管理室」を廃止し、また「金融円滑化委員会」を「信用リスク専門部会」に統合し体制の見直しを行いましたが、引き続きお客さまのニーズにお応えし、地域における円滑な資金供給の役割を果たしていくとともに、お客さまに対する経営相談・経営指導等を通じて、中小企業・個人事業主や住宅ローンご利用中のお客さまなど個々のお客さまの経営改善等に向けた取組みを最大限支援してまいります。