事業継承・M&A

3社に 2社は後継者がいないという時代、ひとつでも多くの企業や事業を存続させるため、
そして地域経済の発展を持続させるため、事業承継や M&Aの重要性は年々高まっています。

 

宮崎銀行では、事業承継や事業再編、業容拡大・事業多角化などお客さまのニーズに的確にお応えし、
最適なコンサルティングを行います。

3社に2社は後継者がいないという時代、ひとつでも多くの企業や事業を存続させるため、そして地域経済の発展を持続させるため、事業承継やM&Aの重要性は年々高まっています。
 
宮崎銀行では、事業承継や事業再編、業容拡大・事業多角化などお客さまのニーズに的確にお応えし、最適なコンサルティングを行います。

事業継承とは

親族または親族以外の役員・従業員が自社株や事業用資産を取得し、事業や経営を承継する方法です。

「今後の自社株シミュレーションをしたい」「自社株対策の方法を知りたい」「将来の相続対策について知りたい」
などのお悩みに最適なコンサルティングを行うことが可能です。

親族または親族以外の役員・従業員が自社株や事業用資産を取得し、事業や経営を承継する方法です。

「今後の自社株シミュレーションをしたい」「自社株対策の方法を知りたい」「将来の相続対策について知りたい」などのお悩みに最適なコンサルティングを行うことが可能です。

例えば

コンサルティングのメニュー

事業継承スキームの提案
―人的事業承継と物的事業承継の両面から、最適な方法を経営者さまと一緒に考えていきます。
自社株評価
―決算書、申告書に基づき自社株評価を行います。また、さまざまなケースを想定して、中長期的な株価シミュレーションを行い、問題点の抽出や対策をご提案します。
相続対策
―自社株、不動産、その他金融資産等を総合的に分析し遺産分割対策、納税資金対策を検討します。

M&Aとは

築き上げてきた企業(事業)を第三者に譲り、次世代へ承継する方法です。
具体的には第三者への株式譲渡・事業譲渡などが挙げられます。

「後継者はいないが、事業を存続させたい」「子会社や事業の一部を分離したい」「会社の業容を拡大したい」「新規事業に参入したい」
などのお客さまのニーズを解決することが可能です。
築き上げてきた企業(事業)を第三者に譲り、次世代へ承継する方法です。具体的には第三者への株式譲渡・事業譲渡などが挙げられます。

「後継者はいないが、事業を存続させたい」「子会社や事業の一部を分離したい」「会社の業容を拡大したい」「新規事業に参入したい」などのお客さまのニーズを解決することが可能です。

M&Aのメリット

譲渡企業

<譲渡企業>

企業の存続
ー従業員の雇用の維持と取引先との関係維持
創業者利潤
ー築き上げた事業を現金化し利益を確保
本業への回帰
ーノンコア事業売却資金で本業へ再投資

 

譲渡企業

<譲受企業>

時間を買う
ースピーディーな事業展開が可能
経営資源の獲得
ー商圏・人材・技術などの経営資源を獲得
相乗効果
ー相互補完や重複コストの削減などの効果

宮崎銀行がM&Aに取り組む理由

宮崎銀行が事業継承・M&Aに取り組む理由

「お客さまの廃業回避」
中小企業をはじめとする多くの企業の事業承継において、M&Aは無縁ではいられない。専門的な知識が必要になるため地方銀行としてのサポートが必要。
 
「お客さまとのリレーションの強化」
事業継承・M&A業務への取り組みを通じて、お客さまの経営戦略に関わることが可能。
 
「地域経済の発展を支えるという地方銀行の使命」
“地方銀行の成長”は“地域の成長”があってこそ。事業継承・M&Aを通じて、地域企業の存続・育成を支援し「地域との共存共栄」を実現する。

宮崎銀行がM&Aに取り組む理由

宮崎銀行が事業継承・
M&Aに取り組む理由

「お客さまの廃業回避」
中小企業をはじめとする多くの企業の事業承継において、M&Aは無縁ではいられない。
専門的な知識が必要になるため地方銀行としてのサポートが必要。
 
「お客さまとのリレーションの強化」事業継承・M&A業務への取り組みを通じて、お客さまの経営戦略に関わることが可能。
 
「地域経済の発展を支えるという地方銀行の使命」“地方銀行の成長”は“地域の成長”があってこそ。事業継承・M&Aを通じて、地域企業の存続・育成を支援し「地域との共存共栄」を実現する。