健康経営について

宮崎銀行では従業員の健康管理を経営的な視点で捉え、戦略的に取り組む「健康経営」を推進します。さらなる従業員の健康保持・増進を目的として「みやぎん健康宣言」を策定しました。「従業員の健康がすべての基盤」の考えのもと、元気な従業員が地域やお客さまの成長をサポートすることで、元気な地域社会に貢献します。

みやぎん健康宣言

従業員とその家族一人ひとりが心身ともに健康で、最大限のパフォーマンスを発揮することが組織の生産性の向上、活力向上につながると考え、明るく働きがいのある職場を実現します。
従業員の健康を重要な経営資源の一つと位置づけ、銀行、健康保険組合、従業員組合、従業員とその家族が一体となって、より積極的な健康保持・増進に取り組みます。
従業員の健康意識向上により、その家族ひいては地域社会における健康意識向上にもつながるよう推進していきます。

当行における健康保持・増進施策

身体の健康づくり

1)健康診断・人間ドック
定期健康診断を実施し、必要に応じて二次検査受診を指導します。
2)健康相談
保健師が職場訪問による健康相談を実施し、健康づくりに取り組みます。
3)メタボ対策・喫煙対策
保健師が従業員一人ひとりのメタボ対策・喫煙対策をサポートします。
4)健康教育
食生活改善・運動習慣向上に向け、保健室だより配信や健康教室を開催します。

こころの健康づくり

1)ストレスチェック
ストレスチェックを実施し、セルフケア・職場環境改善に活用します。
2)こころの健康相談
精神科嘱託医・臨床心理士・保健師が連携してメンタル相談に対応し、メンタル不調者発症の未然防止と早期対応に努めます。
3)長時間労働面談
過重労働対策として時間外月45時間以上の従業員に面談します。
4)メンタルヘルスセミナー
階級別セミナー・土曜セミナーを開催し、セルフケア・ラインケアに活用します。
5)復職支援プログラム
メンタル不調者の療養中のケアから復職支援・再発防止までサポートします。

全員参加型のスポーツレクリエーション等を開催し、心身共に健康な職場づくりを推進します。

「健康経営優良法人」の認定について
~優良な健康経営を実践する企業として認定されました!~

株式会社宮崎銀行は、経済産業省および日本健康会議より、『健康経営優良法人(ホワイト500)』に認定されました。
今後も「健康経営」を積極的に推進していくとともに、地域金融機関として地域社会における健康意識向上に取り組んでまいります。

【健康経営優良法人(ホワイト500)】

従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」について、優良な取り組みを行っている大規模法人を顕彰するため、2017年度から開始された制度です。