コーポレート・ガバナンス

当行はコーポレート・ガバナンスの重要性に鑑み、経営の健全性と透明性を高めることを重要な課題と位置付け積極的にその取り組みを行っております。

コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方

  1. 当行は、常に最良のコーポレート・ガバナンスを追求し、その充実に継続的に取り組みます。
  2. 当行の持続的な成長および中長期的な企業価値の向上を図る観点から、意思決定の透明性・公平性を確保するとともに、保有する経営資源を十分有効に活用し、迅速・果断な意思決定により経営の活力を増大させることがコーポレート・ガバナンスの要諦であると考え、次の基本的な考え方に沿って、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組みます。
    • (1)株主の権利を尊重し、平等性を確保いたします。
    • (2)株主を含むステークホルダーの利益を考慮し、それらステークホルダーと適切に協働いたします。
    • (3)会社情報を適切に開示し、透明性を確保いたします。
    • (4)取締役会による業務執行の監督機能を実効化いたします。
    • (5)持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するよう、株主との建設的な対話を行ってまいります。

コーポレート・ガバナンス関連資料

当行のコーポレート・ガバナンスに関する詳細情報は次の資料をご確認ください。

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。

Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。