【重要】 ウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」のご案内

インターネットバンキングを悪用した不正送金等の犯罪が全国的に急増しております。被害に遭う原因の大半は、インターネットバンキングを利用するパソコンがウィルスに感染することによりIDやパスワードが盗み取られることによります。

Rapportは、インターネットバンキングを悪用した不正送金等の被害を防ぐためのウィルス対策ソフトです。ウィルスを検知・駆除する機能が市販のウィルス対策ソフトと異なっているため、お客さまがすでにご利用されているセキュリティ対策ソフトとRapportを併用することで、インターネットバンキングの安全性をより一層高めることができます。

Rapportの特徴

1.ウィルスの検知・特徴

  • インターネットバンキングを狙ったウィルスを検知し、駆除します。
  • 偽サイトを表示しIDやパスワードを盗み取るフィッシング攻撃や、インターネットバンキングの取引内容を書き換えられてしまうMITB(マン・イン・ザ・ブラウザ)攻撃などを防ぎます。

2.ウェブサイトの検証

  • 当行のインターネットバンキングにログオンする際に正規のサイトか否かを確認できます。
  • 正規のサイトはご利用のブラウザーのアドレスバー上、または右端に表示されているアイコンが緑で表示されます。
    (Rapportにて保護されていないWebサイトはグレーで表示されます。)

3.ご利用は無料

  • 無料でご利用いただけます。

4.簡単な操作

  • ログイン後の画面から簡単な操作でダウンロードできます。
  • お客さまの情報登録等は不要です。
  • 市販のウィルス対策ソフトと併用することができます。
    (ただし、一部のウィルス対策ソフトとは併用できない場合があります。)

「Rapport」をご利用いただくにあたっての注意事項

  • 「Rapport(ラポート)」はIBM社が提供するソフトウェアであり、当行が提供するものではありません。
  • 本ソフトウェアを利用するには、IBM社の定める使用許諾契約に同意する必要があります。
  • 本ソフトウェアが提供するサービスは、IBM社により予告なく変更または廃止される場合があります。
  • 本ソフトウェアをインストールするには、パソコンに管理者権限でログインする必要があります。
  • 本ソフトウェアは、インターネットバンキングに特化したウィルス対策ソフトであり、不正を検知・駆除する機能が市販のウィルス対策ソフトと異なります。そのため、市販のウィルス対策ソフトとの併用がIBM社より推奨されています。(ただし、一部の市販のウィルス対策ソフトとは併用できない場合があります。)
  • 本ソフトウェアを使用しても、不正ウィルスに感染する可能性が完全になくなるわけではありません。
  • 本ソフトウェアを利用した結果、お客さまが何らかの被害を受けた場合でも、当行は責任を負いかねます。

お問い合わせ先

「Rapport」に関するお問い合わせは、IBM Trusteerカスタマーサポートまでお願いします。

お問い合わせ方法

IBM社の「Rapport」ダウンロードサイトに設置された問い合わせフォーマットに必要事項を入力してお問い合わせください。